だばいちぇロシア

サンクトペテルブルクに駐在する夫に帯同して、初の海外生活。楽しいことも辛いことも、言葉の通じない国での何でも体験記。

【サンクトおすすめレストラン】グルジア人一押しのグルジア料理店「Гамарджоба(ガマルジョバ)」

 

привет!プリビエット! marronsky(マロンスキー)です。

 

先日、タクシーに乗っていた時のこと。

普段は無言の車内ですが、この時の運転手はお喋り好きのお兄さんでした。

 

 

 

運転手「どこから来たの?日本?!僕はグルジア人で、ロシアに12年前に来たんだ。グルジアってわかる?ジョージアだよ! グルジアには日本のトヨタメルセデスベームベーの車が走ってるんだ。ペラペラペラペラ…」

 

 

ロシア語なので、例によって想像力フル回転で聞き取ろうとしていましたが

 

 

ベームベーのところが気になる…)

ベームベーって何だ?)

(あぁ、メルセデスベンツの聞き間違いか?!)

 

 

私「へぇ~、グルジアではトヨタメルセデスベンツが走ってるんだ~。」

 

 

運転手「違うよ!ベームベー!

 

 

私「???」

 

 

なんと、ベームベーBMWのことでした。

後から知りましたが、ロシアだけでなく海外ではそのような言い方をするらしいですね。

 

 

前置きが長くなりましたが、そんな人当たりの良いグルジア出身のお兄さんに、思いきっておすすめのグルジアレストランを教えて!ときいてみたところ、一押しされたのが今回のお店です。

 

 

 

グルジア人に勧められて行かない理由はない。

 

すぐに行ってきました。

 

 

 

※日本では、2015年にグルジアという呼び名からジョージアへ正式に変更されましたが、ロシア語では「Грузия(グルジア)」と言うので、グルジアのまま記載します。

 

 

Гамарджоба(ガマルジョバ)

住所:Большая Подьяческая ул., 17, Санкт-Петербург, 190068

営業時間:11時~24時

HP:http://cafegamarjoba.ru/

 

 

店の看板には何故か違う店名らしきものがかかっています。しかも窓にはКафе(カフェ)の文字も…

 

 

f:id:marronsky:20210328230817j:plain
f:id:marronsky:20210328230825j:plain

(左)丸っこい文字はグルジア語です。

何て書いてあるのかはわかりません。

 

 (あれ?Riravo??場所を間違えてる?もしくはガマルジョバは潰れた?)

 

 

 と、しばらく周辺をウロウロ。

 

 

でも、よく見ると「Riravo」の看板の下には「Гамарджоба」の文字もある。

 

 

昔のお店の装飾が残ったままなのか、ガマルジョバの面影だけを残して今は別の店になっているのか、いろいろ謎ですが、店内のおばちゃんに「ここってガマルジョバ?」と聞くと「そうだ」と言うので、間違いなくここがガマルジョバらしい。

 

 

f:id:marronsky:20210328231538j:plain



メニュー

グルジア料理はスパイスを多く使用するのが特徴ですが、どれもしつこくなく、日本人の口にも非常に合うと言われています。

 

 

 

まずは、グルジアビールで乾杯!

 

 Натахтари(ナタフタリ)

f:id:marronsky:20210306215920j:plain
f:id:marronsky:20210306215651j:plain

なんと、ハウスワインは1リットルで800ルーブル(約1150円)から。

 

 

グルジアはワイン文化として有名ですが、初めて飲んだグルジアのビール「ナタフタリ」。

 

 

美味しい!

なんかすごく懐かしい味。

 

アサヒスーパードライに非常に似ているような気がしました。

 

Пхали(プハリ)

ほうれん草をペースト状にして、細かく砕いたクルミとあえてあります。

ほんのりニンニク風味で、おつまみとしてもぴったり。

f:id:marronsky:20210308232122j:plain
f:id:marronsky:20210306215700j:plain

 

Оджахури(アジャフリ)

豚肉とじゃがいもをスパイスで炒めたもの。

いわゆる“ジョージアジャーマンポテト”。

f:id:marronsky:20210306215806j:plain
f:id:marronsky:20210306215736j:plain

 

Сулугуни с Помидорами(スルグニチーズとトマト)

スルグニチーズとは、モッツアレラチーズに近いグルジアのチーズ。

それをトマトとスパイスと一緒に焼いてあります。

f:id:marronsky:20210306215641j:plain
f:id:marronsky:20210306215659j:plain

 

 

 

どれもものすごく美味しい!

 

 

 

さすが、グルジア出身の運転手!

見るからに観光客向けではなさそうなお店ですが、どれを食べても美味しい!しかも値段も手頃。

 

 

唯一の難点は英語が全く通じないところ。

 

 

マリインスキー劇場のすぐ近くに位置しているので、中心部ネフスキー大通りからは少し距離がありますが、観劇帰りにちょっと寄るのもいいかもしれません。

 

 

f:id:marronsky:20210328231507j:plain

 

 

実はこのスルグニチーズ

美味しすぎて、お店の人にどこで買えるのか聞いてみたところ、自家製でどこにも売っていないと言われました。

 

美味しい!美味しい!と連呼したら、親切なおばちゃん店員が300g400ルーブル(約560円)で売ってくれました。

 

 

 

ロシアで買えない珍しいチーズを手に入れた!と浮足立って帰りましたが、後日スーパーで見たらスルグニチーズは売っていたというオチ付きです。

 

 

初めて食べた ”スルグニチーズ” というチーズをスーパーで買えるのか聞きたかったんですけど、店員さんには伝わっていなかったようです。そりゃあ、自家製だったらどこにも売っていないですよね。

 

 

ロシア語の壁はまだまだ高いです。