だばいちぇロシア

サンクトペテルブルクに駐在する夫に帯同して、初の海外生活。楽しいことも辛いことも、言葉の通じない国での何でも体験記。

サンクトペテルブルクの夏。緑溢れる島、エラーギン島を散策してみよう。

 

привет!プリビエット! marronsky(マロンスキー)です。

 

 

チューリップ祭でを満喫しました。 

 

 

 

 

f:id:marronsky:20210603223809j:plain

 

 

そもそものエラーギン島って??

 

エラーギン島への行き方

f:id:marronsky:20210604000356j:plain

(引用:エラーギン島HPより)

 

エラーギン島に入るための橋は、全部で3つ。

 

 

どこからでも入場可能です。

入場が有料の時の切符売り場もそれぞれにあります。

 

 

メトロで行く場合は、最寄駅Старая деревня(スタラヤ・ジリェヴニャ)駅から③番の橋まで徒歩10分。

 

 

メトロに乗れば、サンクトペテルブルク中心部からも20~30分で行けるので、気軽に行ける憩いの場です。

 

 

今回初めて知ったのですが、実はエルミタージュ美術館前から船がでているらしい。

 

f:id:marronsky:20210604031612j:plain

 

夏限定だとは思いますが、クルーズ感覚で来てみるのも楽しそう。

 

f:id:marronsky:20210604031649j:plain

料金

 

エラーギン島とは 

ユネスコ文化遺産に指定されている、自然保護区です。

島全体が1つの公園になっています。

 

車両は入ることができず、日光浴をしたり、お散歩したり、ランニングをしたり、みんな思い思いに春~夏を楽しみます。

 

f:id:marronsky:20210604023716j:plain

島=水に囲まれた場所でもあります。

f:id:marronsky:20210604001343j:plain

ボートに乗ることもできます。

f:id:marronsky:20210604023917j:plain

小さな動物園もあり、

f:id:marronsky:20210604023906j:plain

トナカイがいます。

f:id:marronsky:20210604023933j:plain

孔雀もいます。

f:id:marronsky:20210604024007j:plain

野生のリスも。

f:id:marronsky:20210604023946j:plain

ビーチバレーのコートの横では

f:id:marronsky:20210604024346j:plain

レーニングエリアで

ムキムキのロシア人を見ることもできます。

f:id:marronsky:20210604001424j:plain

「入っちゃダメ!」の看板のすぐ隣には

f:id:marronsky:20210604001412j:plain

日向ぼっこエリア。

入ったらダメなんじゃないんかぃ。。

f:id:marronsky:20210604001400j:plain

一度座ったら立ち上がれなくなるやつです。

f:id:marronsky:20210604025839j:plain

 

 

飲食エリアもいくつかあるので

 

ゆっくりまったり家族や友人と過ごすのに最適な場所です!