だばいちぇロシア

サンクトペテルブルクに駐在する夫に帯同して、初の海外生活。楽しいことも辛いことも、言葉の通じない国での何でも体験記。

お土産にも最適!ロシアで最も有名なビール「Балтика(バルチカ)」

 

привет!プリビエット! marronsky(マロンスキー)です。

 

marronskyは自他ともに認めるビール好き。

 

ロシアというとウォッカのイメージが強いですが、2017年の国別ビール消費量は世界第6位キリンビール学レポートより)

 

ビールも豊富に売られています。

 

 

しかも、本当のところは定かではありませんが

 

ウォッカに比べたらアルコール度数の低いビールやワインなんて水と同じ。」

 

というロシア流の認識からなのか、ビールの価格はとてつもなく安い!

 

 

それもそのはず、2011年までは

 

アルコール度数10%以下のものは”アルコール飲料”ではなく、”食品”

 

として分類されていたそうです。

 

 

これはmarronskyにとっては天国です。

 

ロシアで最も人気 バルチカビール

数あるロシアビールの中で、最も有名なのがこちら。

f:id:marronsky:20210103171934j:plain


サンクトペテルブルクに本社をおく「Балтика(バルチカ)社」「Балтика」

どこのレストランに行っても、このバルチカビールは大抵置いてあります。

 

面白いのは、0から9までの番号が振られていて、それぞれ味やアルコール度数が異なるところ。

 

f:id:marronsky:20210208205736j:plain

 

0 : ノンアルコール(グレープフルーツ味やラズベリー味もあります。)

2 : アルコール度数4.7% ライトラガー

3 : アルコール度数4.8% ライトラガー

4 : アルコール度数5.6% ウィーンラガー

6 : アルコール度数7.0% ポーター

7 : アルコール度数5.4% ライトラガー

9 : アルコール度数8.0% ストロングラガー 

 

f:id:marronsky:20210208205636j:plain

それぞれ飲み比べ

7мягкoe:アルコール度数4.7% ライトラガー

 

というのは、今回初めて見かけました。「мягкoe=ソフト」という意味で、味はバルチカ3に近かったです。

 

 

一番よく目にするのはバルチカ3

スーパーでも必ず見かけます。

 

これはどちらかと言うとライト(薄め)な印象。タイのシンハービールや、シンガポールのタイガービールが好きな方はきっと気に入ると思います。

 

次に多いのが、バルチカ7

バルチカ2、4、6、は、実はまだ見たことがありません。あまり出回っていないのでしょうか?No7はExportとあるので、おそらく輸出用ですね。

 

marronskyのお気に入りはバルチカ7

バルチカ3よりは濃厚な味と香りですが、バルチカ9よりはライトでとても飲みやすい。

 

 

バルチカの価格とサイズ

そして、なんと言っても魅力的なのはその価格!

ロシアでは最も小さいサイズが450ml。瓶も同量です。

 

上の写真はSALEでしたが、なんと1缶RUB42(約65円)通常でもRUB60(約90円)程度で買うことができます。

 

また、900ml缶なんてのも売られています。

f:id:marronsky:20210208205704j:plain

左:450ml 右:900ml

さらにさらに、

日本ではあまり一般的ではないですが、ペットボトルのビールなんてのもあります。1.35リットル入りです。

f:id:marronsky:20210208205653j:plain

安い時はRUB100(約150円)以下で買えます。

marronskyは日本に一時帰国する時にはこれをお土産に買って帰り、実家のみんなでわいわい飲んでいます。

 

缶や瓶よりも軽いし、大勢で飲む時にこの量はとっても嬉しい。

marronsky父のお気に入りもNo.7です。

 

 

 

 

ちなみに、似たような名前ですが、こちらは全くの別物。

その名も「БОЧКА(ボーチカ)

 

 

はい。

 

 

まだキリル文字もあやふやな頃、うっかりバルチカと勘違いして買いました。

f:id:marronsky:20210208205928j:plain

味はすっきりした、これもまた美味しいビールです。